FXで「ローソク足チャート」を使う

「ローソク足」という言葉を聞いたことがある人は、恐らく株や先物などの、相場を相手にした投資取引の事をご存じの方であると思います。
相場を相手にした投資では、相場の価格値の変化、つまりレートの変化を読み解いていく必要があり、こうしたレート変動を分析していく手法に「テクニカル分析」というものがあります。

FX取引も外国為替市場の為替相場を相手に、通貨の売買をしていく投資取引ですので、この予測を立てていく為には、テクニカル分析が欠かせません。
テクニカル分析には、その用途や調べたい項目について実に様々なものが存在しており、その中でも最も用いられるものの一つが「ローソク足チャート」なのです。

ローソク足チャートは、一定の期間のあいだの値動きの状況を一本の線で表したもので、これを利用することで、その期間の為替レートの変動の経緯と、そこから次の値動きの展開を予測していくことができるのです。

このローソク足の一本線は「本体」と「ヒゲ」とに分けられます。
本体は太い線で示されており、上が始値、下が終値を示し、始値よりも終値が低く終わった場合は、塗りつぶされた「陰線」で表され、逆に、始値よりも終値が高く終わった場合は、色抜きの輪郭線で表された「陽線」で表します。
また、本体の上と下からさらに伸びる細い線をヒゲと呼び、これは期間内での最高値と最安値を表します。

例えば、短く太い陰線に下ヒゲが長いローソク足があった場合には、為替レートが高いところから始まり、一度大きく下がり、ある程度の値を戻しながらも始値を超えてはいない、という事を示してているため、この為替レートは下がったところから上昇中であるために、これからも値を上げていきそうだ、という予測が立つのです。

このように、ローソク足チャートは大変有効的なテクニカル分析ですので、まずはこのローソク足から覚えて行きながら相場を知り、その後に他のテクニカル分析に進んでいく事をお勧めします。