XMの大きな魅力 ボーナス

f69dsXMの運営会社であるTrading Point of Financial Instruments Ltd社は、キプロス証券取引委員会(CySEC)の許可を得ている会社でキプロスを本拠地としている企業で、2009年よりこの営業を開始しています。2011年からは日本でもリクオートの 無い安定した取引環境と、入金ごとに提供されるボーナスが魅力のサービスを展開して評判となっていた会社です。

その後顧客からの要望などをもとに、新たにスタッフのバックオフィス環境の整備、サーバーインフラの増強や入出金方法の改善、レバレッジの最大化などの最適化を各所で実施し、新たにXM.com(XEMarkets)としてサー ビスを開始し今日に至っています。XM/XEMarketsは、英国FSAのライセンスも保有していることから、万が一の場合に備えて証拠金の信託保全もしっかりしているのが特徴で、2万ユーロまでは保証されていることから国内ユーザーのも大きな信頼を得ています。

国内では当たり前の信託保全ですが、海外のFX業者ではiforexをぬかしてなかなか実現できていないのも実情であり、こうした点でも非常に信用度の高い会社ということができるのです。

XMが提供するアカウントの種類とスプレッドについて

現在同社の提供するアカウントは、マイクロアカウント、スタンダードアカウント、エグゼクティブアカウントの3種類が用意されており取引ボリュームにあわせて選択が可能となっており、、共にマイクロロット(0.01lot)で取引が可能で、円口座にもきちんと対応しています。最大レバレッジはマイクロアカウント、スタンダードアカウントの場合、国内業者にはない最大888 倍を選択することができ、これが国内投資家の大きな魅力となっています。スプレッドは、ドル/円が2.0~2.5pips、ユーロ/ドルが2.0pips前後、ポンド/ドルが3,0pips前後と、決して低い数値ではありません。XMはディーリングデスクを介さない注文方法を採用しており、STP/ECN業者と異なりスプレッドは多少割高となります。ただ、注文成立をカバー先の銀行に依存するSTP/ECN方式で良く起こるような指し値では約定されないといった事がないのが特徴す。特にXMは約定力が高いため、スキャルピングなどでは力を発揮すると大きな評価を得ています。

入金ごとにもらえるボーナスはXMの大きな魅力

XMでは、初回入金額の50%(最大USD US$10000が上限)のウェルカムボーナスを受ける事ができ、キャンペーンによっては100%もらえる時期もあるのです。また、2回目以降の入金に対しても、30%のボーナスを受けることができ、入金した証拠金以上の取引を可能としてくれるため大変評判となっています。XMの場合には他の業者と違ってボーナス分はクレジットとしてはっきり入金分と分かれていますので、特定のロット以上取引しないと引き出せないとった面倒な仕組みは一切なくシンプルに利用できるところも人気の秘密となっています。